高たんぱく低カロリーな食事とは

子供の身長を伸ばすためには、タンパク質の多い食品を摂取する必要があるんですが、タンパク質は取り過ぎると太ります。太ることなくタンパク質を多く摂取するには、高タンパク低カロリーの食事を心掛ける必要があります。

 

高タンパク低カロリーの代表格はやはり豆類です。
豆類はとりにくいかもしれませんが、大豆製品ならどうでしょうか?豆腐・納豆は大豆製品です。味噌汁に使うみそも大豆からできています。「畑の肉」とも言われている豆製品を上手に食事のメニューに加えることで、高タンパク低カロリーが実現できます。

 

この豆製品のほかには、鶏肉のささ身や豚肉のヒレ肉も高タンパク低カロリーな食材です。
肉よりもいいと言われている魚ですが、注意する魚もあるのです。マグロの赤身やタラは高タンパク低カロリーですが、DHAが豊富なサバやブリは高カロリーで低たんぱくとなります。ですから一概に肉がダメで魚はいいとは言えないのですね。

 

また料理は工夫次第でどのようにもなりますよね。
子供に人気のハンバーグは非常にカロリーが高い食品ですが、半分をおからにしたり豆腐にしたりで低カロリーにもなります。具たくさんのみそ汁も一度に、タンパク質と野菜が摂取できていいですね。冬の寒い時期ですと味噌煮込みうどんなんていいですね。地方にあった食事方法で楽しくタンパク質がとれたらいいのではないでしょうか?

 

カラダアルファの口コミ